>  > 嫁公認での風俗通いってどうなの?

嫁公認での風俗通いってどうなの?

ワタクシ、嫁がいるのですが風俗通いを半ば容認されているんです。この話をすると同僚から羨ましがられるんですけど、実際の所、どうなのでしょうね。妻的には普通に素人と恋愛されたり浮気されるぐらいならプロの風俗嬢とってことなんだと思います。もちろん妻とは今でも愛しあっていますし、仲も良いのですが、何ぶん、お互いの性欲の度合いが違い過ぎるんですね。つまりワタクシの性欲が強過ぎるんですよね。なので性欲解消のための風俗通いは半ば許容されています。ただ嬢に本気にならないこと、多くても月2回にすることは約束させられていますよ。つまり妻は体の浮気だけなら許せるってタイプの女ですけど、のめり込んだら即離婚って脅すタイプではあるってことです。それはそれで男としては恐いですよね。一番良いのは、見て見ぬ振りをお互いするってことだと思うんです。ワタクシからするとむしろ嫁や恋人に隠れてお店に通っているって人の方が羨ましいですけどね。

プロの技術力を垣間見た気がします

格安のデリヘル店で暇つぶしするのもありかも知れないなぁって思ったから、早速手頃な値段の店舗の子と遊び続けてみたんです。その女の子はかなり技術力が高い感じで手コキによる奉仕が相当上手で、この行為だけで2発も射精させられたんですよ。彼女のしごき方は適度な力を用いて一定の速度で刺激を与え続ける感じで、あと少しで射精出来るといった時に止めるから良い意味で苦しみを味わえました。一気に射精してしまうと絶頂に達するのに時間がかかる訳なので寸止めを心掛けていたみたいだけど、どうもその点を常に意識したらしく、良くもまぁ自分の体じゃないのにここまで調整出来るなって思えたんです。私だったら一気に射精して気持ち良くなるオナニーを始めるのだけど、彼女はどうも違うみたいで如何に快楽を持続させるのかを第一に考えているらしいです。プロなだけあってか妥協を許さず持てる力の全てを発揮するその精神は見習わなきゃいけないかも。彼女のおかげで独り身の寂しさを解消させられたので感謝しました。

[ 2016-03-29 ]

カテゴリ: 風俗体験談