>  > 風俗嬢にむかついた話

風俗嬢にむかついた話

すっごく幼い雰囲気の子だったのですが、こんな幼い雰囲気の子で興奮できるのかが少しだけ不安でした。でもこの風俗嬢は意外にもかなりエロい一面も持っていました。プレイをスタートすると嬢はすぐに私の身体にまとわりつくように責めてきます。この責め方、なかなかできるものではありません。この嬢は見た目とは違ってすっごく実はプレイ内容もエロくて最高でした。でもこの風俗嬢はちょっと調子のってます。私が嬢の身体に夢中になってきたところですっごくムカつく言い方をしてきたんです。「あれ?もしかしてロリコンなの?」なんて言ってくるんです。これって酷くないですか。もうメチャクチャむかつきました。こんなにむかつく言い方をされて黙っているほど私は大人ではありません!なんてことは言えません。もう完全にただただ黙って悔しがりました。本当は文句でも言ってやりたかったのですが、私はすでにこの嬢に骨抜きにされてしまっていたので仕方ないですね。結局なにをいってもすでに嬢の責めに耐えられずに素直に発射しまっているんですから。

昼間と風俗嬢の顔の変化にびっくり

以前から気になっている子が居るのですが、多分向こうは私の存在にも気が付いていないと思います。取引先の会社にいる子なんですがその子と直接話をしたことも挨拶さえしたこともありません。でも気になります。と思っていたらその子が風俗で働いているという噂を耳にしてしまいました。その会社では一部でかなり知られている話らしいのですが、これはショックと同時に二人で会えるチャンスと思ってそのお店を何とか聞き出して行くことにしました。どうやらその子は風俗嬢として週に3日ほどいるらしいということがわかってその日を狙っていったのですが、その子らしき子が居ません。仕方なくなんとなく雰囲気の似ている子を選んだのですがその子を実際に目の前にするとまさに目当ての子でした。化粧とかかなり変えている様子で写真とか遠くからでは全くわからないのですが確かにその子でした。かなりのショックです。女性は怖いですね。いろんな顔があるんですね。しかも化けるのですね。とはいえ気になっていた子をいきなり抱くことができるのですからそれはそれでいいでしょうと楽しみましたが彼女への恋心は消失しました。

[ 2015-07-27 ]

カテゴリ: 風俗体験談